次ページ  目次

経営相談どっと混む

第3回 山小屋ではお互い様

1年間で最も山小屋が混むのは5月の連休、梅雨明け、紅葉の時期、そして正月休みである。ちなみに、お盆休みは分散するためかそれほど混むことはない。

さて、この混む時期に人が集中する山小屋に泊まると、とんでもないことになる。一つの布団で3人で寝るのはまだ良い方で、布団も無く廊下で寝かされることがある。最悪の場合には、土間で膝を抱えて一夜を明かすことになる。そのうえ、食事もトイレも延々と待たされるのだ。

そこで工夫が必要になる。一つは、できれば日程をずらすことだ。連休最後の5月5日に北アルプスの涸沢小屋に泊まったことがあるが、客はなんと私一人だけだった。前日の5月4日には超満員だったそうだ。そのうえ、翌日は小屋のアルバイトの人達も下山するということで宴会となり、私もご相伴に預かった。

二つ目は、分岐点にあるような小屋や山頂近くの小屋を避けて一つ手前か一つ先の小屋に泊まることだ。たとえば、槍ヶ岳に登るのであれば穂高との分岐点にある横尾山荘を避けて槍沢ロッジに泊まる。槍沢ロッジはいつも空いている。横尾から槍の山頂までは距離が長いので、前日に槍沢まで入っておき、風呂に入ってゆったりと寝れば、翌日に槍への登りが少しは楽になる。また、槍ヶ岳の肩の小屋を避けて殺生小屋にする。この小屋はいつも人が少ないし、槍の写真を取るにはちょうど良い場所だ。

三つ目は、新しい小屋を避けて古い小屋に泊まることだ。たとえば、徳沢園を避けて徳沢ロッジにする。

四つ目は、できるだけ予約をすることだ。たとえば、横尾山荘では予約すると優遇されて2段ベットで寝られるが、予約なしでは雑魚寝または廊下で寝かされることになる。上高地から予約の電話を入れても優遇してもらえる。また、徳沢園など予約なしでは泊めてくれない所もある。本来、山小屋は、人命救助のため、どんな場合でも宿泊の申し出を断ることはできないことになっている。よって、徳沢園はすでに山小屋ではなくなったということだ。

五つ目は、いわゆる穴場に泊まることだ。たとえば、上高地の帝国ホテルの脇にある小屋は、地図にもガイドブックにも載っていない小屋であるが通年営業している。この小屋は帝国ホテルの管理人の小屋だそうで、料理の材料は帝国ホテルと同じものを使っているそうだ。本来は、冬に、軽装でやって来る馬鹿どもの人命救助のために開放しているそうだが、帝国ホテルが営業中の時期でも、予約なしでやって来て断られた人たちのために営業しているのだそうだ。

ところで一般に、人が多い山域であるにもかかわらず、泊り客が少ない小屋はサービスが良い。山小屋も人集めに一生懸命である。本来、山小屋にサービスを期待するのはお門違いというものだが、最近の山小屋はサービスを勘違いしているように思われてならない。私は決して山小屋で生ビールを飲んだり、フランス料理やケーキを食べたいわけではない。栄養のバランスの取れた食事を摂り、ふかふかの清潔な布団でゆったりと寝て体力を回復したいのだ。食事については昔に比べると格段に良くなった。保存技術や冷凍技術の発達のおかげである。しかし、布団については昔と少しも変わっていない。湿った不潔な布団で寝るのはごめんである。

さて、混む山小屋も捨てたものでない。人が大勢いれば面白い話を聞くこともできるし、いろいろな出来事もある。いつだったかこんな事があった。二人ずれの若い女性に上高地で声をかけられた。初めての北アルプス山行で涸沢まで行きたいが案内してもらえないかというので、涸沢まで一緒に歩くことにした。そして、涸沢ヒュッテに一緒に泊まることになった。

ヒュッテは非常に混んでいて、3人で一つの布団に寝なければならないという。そして必ず受付番号順に寝るのだという。そうすることによって、布団の取り合いを防ぐのだそうだ。ところで、私の受付番号はたまたま彼女たちの中間であった。したがって、私は彼女たちに挟まれて寝ることになる。私は少し困った?のだが、彼女たちはまったく気にしていないようだ。一つの布団で3人で寝るとなると、当然、頭と足を互い違いにしなければムリだ。よって、私の顔の両側に彼女たちの足がくることになるのだが、お互い様である。

やがて消灯時間になった。しかしどうも落ちついて寝られない。というのも、仰向けで自然体になると、私の両手が彼女たちの大事な所に置かれることになるのだ。実に具合が良い。いや、やはり悪い。そこで仕方なく腕組みをして寝ることにした。どのくらい時間が経っただろうか、重苦しくなって目が覚めた。すると、なんと彼女たちの足が私の腹の上に乗っているのだ。そして彼女たちの手は私のチンポコの上に置かれている。また、私の手も彼女たちのアナポコの上に置かれていた。これもやはり山小屋ではお互い様なのである。

※ 『新ハイキング』誌 98年5月号に掲載されたものに加筆修正したものです。

Ⓒ 経営相談どっと混む

次ページ  目次