次ページ  目次

経営相談どっと混む

1-3 発明・開発ができる人とできない人(2)

専門家というのは発明や開発ができません。専門家は特定の分野について深い知識を持っており、長年にわたって特定の分野で経験を積んできた人です。ところが、発明は従来とは異なる考えやアイデアを出さなければならないわけですから、専門的な知識や経験があればあるほど、従来とは異なる考えやアイデアが生まれないのです。

発明はいくつかの専門分野をまたがるような分野とか、今までなかった新たな専門分野とかのように、従来とは異なる分野から生まれる場合が多いのです。したがって、いろいろな分野に興味を持っているとか、いわゆる雑学とか、あるいは専門分野を持たない人などの方が発明ができるのです。よって、どちらかと言えば専門家より素人と言われる人の方が発明ができるのです。

企業で商品開発をする場合、開発部門を作ったり、プロジェクト・チームを作っていろいろな専門家を集めたりしますが、そのようにしても良いアイデアはあまり出ませんし、発明はできません。いくらいろいろな分野の専門家を集めてもダメなのです。専門家は発明ができないからです。専門家はむしろ人の出したアイデアを評価したり、問題点を指摘したりするのが得意なのです。

実は、専門家を皮肉った専門家の定義があります。それは、「専門家とはできない理由をたちどころに10以上言える人を言う」というものです。どうすればできるかを考えることは専門家にはできないのです。なぜなら、先人が考えたことを理解し、覚えることを中心に長年努力してきたからです。新しいことを考えることはあまりしなかったからです。

また、専門家というのは、難しい試験に合格した人が多いですから、そういう意味でも新しいことを考えることができないのです。試験問題はすべて過去の知識が問われるので、難しい試験に合格するためには長年勉強する必要があるからです。もちろん、難しい試験に合格したすべての人がそうだとは限りません。専門家で、しかも斬新なアイデア(知恵)を出すことができる人もいます。それは専門家であってもこれまで培ってきた自分の専門にとらわれずに、常に新しいことに挑戦している人です。つまり、常にアイデアを出す訓練をしている人です。

難しいことを習得する場合には努力が必要です。時間もかかります。何年も努力し続けなければなりません。しかも、すでに過去の人が考えたことや実施したことですから、あまり面白いことではありません。あまり面白くないことを一生懸命に理解し覚えなければならないのです。多くの専門知識はこのようにして習得するのです。努力し続けなければ習得できません。このため、そのような習慣ができてしまうのです。脳がそのように習慣付けられてしまうのです。ですから、アイデアが出るようにはならないのです。

その一方で、アイデア(知恵)を出すことは楽しいのです。あまり努力する必要がありません。なぜなら、人間の脳が本来そのようにできているからです。脳は常に考えるようにできています。人間は考える生き物だからです。例えば、いつもつまらないダジャレやおやじギャグばかり言っている人がいますが、こういう人はいつも考えています。誰も考えないことを考えているのです。楽しいからです。たまに面白いことを言ってそれがうけたりすると、よりうれしいのです。より楽しいのです。なぜなら、それがまさに人間的な活動だからです。

実は、アイデア(知恵)を出すというのは人間の本能的な活動です。動物はマネができてもアイデアを出すことができません。したがって、アイデアを出すということは最も人間らしいことなのです。アイデアを出すということを普段行っていない人は人間らしいことを行っていないということです。動物と同じだということです。よって、毎日が楽しくないはずです。人間らしくない生活をしているのですから楽しくないし生きがいがないはずです。そんな人たちがあまりにも多すぎます。

毎日を創意工夫して楽しく過ごして下さい。毎日、何かを考えてください。そうすれば楽しくなります。考えるということ自体が楽しいのです。考えることが人間らしい活動なのですから。考えなければアイデアは出ません。考えるということは頭を使うということです。頭を使わなければ人間ではなく動物になってしまうのです。

何かを考えるためには、何かに興味を持つことです。何かに興味を持った人は考えることが好きになります。でも、仕事では考えようとしない人が多いです。それは仕事そのものに興味がないからです。すると、仕事で創意工夫をしないので仕事ができないという評価を受けてしまいます。実に大きな損失です。これは本人だけでなく企業の責任でもあります。企業は本人が興味のない仕事をさせてはいけません。企業は本人がやりたい仕事をやれるようにしなければいけません。また、企業は仕事に興味を持っている人、考えることが好きな人を大事にしなければいけません。良いアイデアを出すことができるかできないかは企業の盛衰にかかっているのですから。企業というのはアイデアで競争しているのです。知識で競争しているわけではありません。ですから、考えるのが好きな人を集めて訓練すればよいのです。

ちなみに、弊社で商品開発のコンサルティングを行う場合、簡単なアンケート調査を行って考えるのが好きな人か否かを判定しています。そして、この判定結果を基に商品開発のプロジェクトメンバーを選定し、その上で発想の訓練をしています。

Ⓒ 経営相談どっと混む

次ページ  目次