次ページ  目次

開発&コンサルティング

1-2 発明や開発ができる人とできない人

発明や開発ができる人とできない人とがいます。発明や開発ができる人は考えることが好きで覚えることが嫌いな人だと思います。一方、発明や開発ができない人は考えることが嫌いで覚えることが好きな人でしょう。勉強が好きで大人になっても勉強ばかりしている人は発明や開発は苦手のようです。

むしろ、子供の頃からあまり勉強しないで、遊び方を工夫したり、人を笑わせたりしている人はいつも考えている人ですから、考えるのが好きな人なのです。あなたはどちらですか?考えるのが好きですかそれとも覚えるのが好きですか?

学校の勉強というのは教科書に書いてあることを理解して覚えることが中心になるので、子供の頃から勉強ばかりしていた人はあまり考えることがなかったと思います。筆者の経験では、勉強というのは80%以上が理解して覚えることで、考えることは20%以下です。中には理解すら必要がなく単に丸暗記するだけというものもありました。

考えることは、例えば、作文をすること、絵を描くこと、工作をすること、自由研究をすることなどです。要するに創作をすることです。

入学試験はもちろん、資格試験のための受験勉強などもほとんどが理解して覚えることです。要するに、過去の人が考えたことを理解して覚えるだけです。別の言い方をすれば、既に答えが存在している問題を解いて答えを出すだけです。これほどつまらないことはありません。

一方、発明や開発は答えが存在していない課題に対して答えを出すことです。このためには知識だけではなく知恵(アイデア)が必要なのです。勉強や学習の習慣が大人になっても続いている人は、あまり知恵(アイデア)を出す訓練をすることなく今日まで過ごしてきた人ですから発明や開発は苦手なのです。

逆に、子供の頃から勉強をあまりせずに、いろいろと工夫して遊んだり、人を笑わせたり、あるいは人が思いつかないようないたずらをしたり、また、大人になってもあまり勉強をしないで、いつも何かについて考えている人は発明や開発ができると思います。

最近のDNAの研究で、生まれつき開発能力を持っている人と持っていない人がいるということが分かってきました。生まれつき開発能力を持っている人は、考えることや知恵(アイデア)を出すことが元々好きな人です。しかし、たとえ生まれつき開発能力を持っていたとしても訓練をしなければダメです。また、生まれつき開発能力を持っていない人でも訓練すれば開発ができるようになります。

なぜなら、DNAが及ぼす影響は数パーセントにすぎないことが分かっているからです。しかも、人間は本来、本能的に考える生き物なのです。なぜなら、生きるためには考えて工夫しなければならないからです。人間は何万年もの長い間、考えて工夫しながら生きて来たのです。このため文明が発達したのです。したがって、人間の脳は考えることができるようにできているのです。よって、訓練をすれば良いのです。

通常、考えるという習慣や訓練は学校でも家庭でもあまり行われていないと思います。受験勉強の弊害でしょう。なぜなら、学生時代は勉強しろ勉強しろ、覚えろ覚えろと言われるからです。しかも、入社試験も学生時代の成績が重視されます。ところが、不思議なことに、入社すると、考えろ、考えろ、知恵(アイデア)を出せと言われます。矛盾しているのです。

学生時代に知恵を出す訓練をしていないのに社会人になったからと言って知恵が簡単に出るわけがありません。そのうえ、会社でも知恵を出す訓練をしないのです。

子供のころに遊び方を工夫したり遊び道具を自分で作ったりして遊んでいた人は、知恵を出す訓練ができているわけです。実は、現在65歳以上の高齢者で子供のころに貧乏だった人はほとんが発明や開発ができます。なぜなら、当時、遊びと言えば、まず、身近にあるものを使って、工夫して遊んだからです。例えば、石けり、缶けり、縄跳び、チャンバラごっこ、おままごとなどです。

2つ目は、自然の中での遊びです。つまり、自然にあるものをそのまま利用して遊ぶのです。鬼ごっこ、かくれんぼ、木登りなどです。また、魚釣りや昆虫採集をしたり、小鳥やカブトムシ、鈴虫などを捕まえて飼ったりするのです。

3つ目は、身近にあるもので遊び道具を作って遊ぶことです。例えば、竹とんぼ、竹馬、水鉄砲、杉鉄砲、紙鉄砲、弓矢、どんぐりゴマ、お手玉、照る照る坊主、お人形さんごっこなどです。このような遊び道具は自分で作らなければならないので工夫が必要です。ですから、知恵を出す訓練が自然にできたのです。

一方、昔でも親からこずかいをたくさんもらっている子供たちは、おもちゃ屋などで遊び道具を買って遊んでいたのです。よって、知恵を出す訓練をあまりしていません。例えば、めんこ、こま回し、凧揚げ、ビー玉、羽根突き、おはじき、などです。

特に、金持ちの家の子供たちは、高価な遊び道具を買って遊んでいました。プラモデル、鉄道模型、着せ替え人形、漫画などです。漫画はどうしても続きが読みたくなるので、継続して買うことになり、結局、高価な遊び道具になるのです。実際に、漫画を買えるのは金持ちの子供たちだけでした。

筆者が子供のころの遊びについて書きましたが、もちろん単に、昔の遊びを紹介するのが目的ではありません。遊びを通じて子供のころに創意工夫の習慣をつけたかどうかが重要なのです。もう1つ重要なことは、金持ちの子供たちは物づくりの楽しさを知る機会がなかったことです。

さらに重要なことは、金持ちの子供たちは1人で遊ぶことが多くなり、結局、友達ができないということです。つまり、けんかすることもなければ、親友ができることもないのです。よって、人の考えや気持ちが分からないということです。

さて、現在の子供たちのほとんどは大人が作った遊び道具を買って遊んでいます。そのため、昔の金持ちの子供たちと同じで創意工夫(アイデア発想)はできないし、いつも1人で遊んでいるので友達もできないのです。

実は、子供たちだけでなく現在の大人も昔の金持ちの子供と同じなのです。何でも必要なものは買ってしまうし、隣の人と付き合うことなく生活しているのです。よって、親子して創意工夫の習慣もなく、また、人とも付き合わないので、人の考えや気持ちも分からないのです。したがって、発明や開発ができないのは当然なのです。つまり、顧客の欲求やニーズが分からないので商品開発ができないということです。

かつて、日本が驚異的な高度経済成長を遂げたのは、子供のころに創意工夫をして遊んだことがある人たちが大勢いたからだと思います。以前放映していたテレビ番組の「プロジェクトX」で活躍した人たちは、例外なく、子供のころに創始工夫をしながら遊んだ経験がある人たちなのです。早い話が、子供のころ貧乏だった人たちなのです。

Ⓒ 開発コンサルティング

次ページ  目次