次ページ  目次
経営相談どっと混む

「応用問題 31-35」

問 31
Aが黒板に次のように書きました。

1*2*3*4*5*6*7*8*9=21

実際にAが書いたのは上の*の部分は+か-の記号でした。Bがやってきて、Aの書いた+と-の記号のうち何ヶ所かを反対の記号に変えたため結果が20になりました。そこへCがやってきて言いました。「それはおかしい、君たち2人のうち、どちらかが計算を間違えたんだ」
さて、Cの言ったことは正しいのでしょうか。

問32
カウボーイのジョーがバーに入ってきて、カウンターでウイスキー1本3ドル、タバコのパイプ6ドル、タバコ3ケースとマッチ9箱を買いました。タバコとマッチの値段はわかりませんでしたが、バーのおやじに11ドル80セント払うように要求されました。ジョーは計算がおかしいと、と言ってピストルを抜きました。するとおやじは計算をやり直して訂正しました。ジョーはバーのおやじが計算をごまかそうとしたことをどうして見破ったのでしょうか。

問 33
袋の中に9㎏穀物があります。この穀物を50gと200gの分銅(各1個)の付いた皿秤を用いて、2㎏と7kgの2つの紙袋に分けたい。どのようにしたら良いでしょうか。ただし、はかるのは3回までしか許されません。

問 34
暑い夏の日でした。4組のカップルがハイキングに出かけました。1日でみんなが飲んだ水はコップで44杯でした。知子は2杯、恵子3杯、英子4杯、洋子5杯、太郎は妻と同じ量、浩一は妻の2倍、正夫は妻の3倍、秀夫は妻の4倍飲みました。誰と誰がカップルなのか当ててください。

問 35
渡し守は狼とヤギとキャベツの袋を川の左岸から右岸へ渡さなければなりません。船が非常に小さいので一度に一匹あるいは一袋しか渡すことができません。そのうえ、狼とヤギを一緒に渡したり一緒に岸に残したりすると狼はヤギを食べてしまいます。また、ヤギとキャベツを一緒にするとヤギはキャベツを食べてしまいます。いったいどうすれば、これらすべてを左岸から右岸へ渡すことができるでしょうか。

Ⓒ 経営相談どっと混む

次ページ  目次