次ページ  目次

経営相談どっと混む

基礎問題 6-10

問 6
それぞれ容積の異なる、A、B、Cの三つの計量カップを使って、一定の水の量を測る問題です。下の表の1番から6番の順番でA、B、Cの三つの計量カップをどのように使えば求める水の量を計ることができるか考えてください。計量カップは何回使用してもかまいません。

問 7
8個の金塊と天秤ばかりがある。8個の金塊のうち1個だけ重さが少し重い。天秤を2回だけ使ってこの重い金塊を見つけ出してください。もちろん、天秤を3回使えば誰にでもできる。
問 8
粉薬が450グラムある。天秤ばかりで350グラムと100グラムに分けたい。ただし、分銅が2.5グラムと、10グラムの二つだけしかない。天秤ばかりを3回使って分けてください。
問 9
下図のAのように見方によって形が異なる立体がある。では、Bのように見える立体はどのような立体だろうか。

問 10
(1)履物で、上の字をとれば食べ物、下の字をとれば動物になるものは何?
(2)最初は4本足で、次に2本足になり、最後は3本足になる動物は何?

Ⓒ 経営相談どっと混む

次ページ  目次