次ページ  目次

経営相談どっと混む

第3章 業務効率化を行わなくてもできる経費削減のポイント

3-1 経費とは何か

まず、経費とは何かについて簡単に説明しておきます。財務会計(決算書の作成と報告のために用いる会計)では、「経費とは製品の製造原価を構成する原価要素で、材料費、労務費以外のものを言う」と定義されています。ですから、製造業では製造原価を材料費、労務費、経費と大きく3つに区分しています。一方、管理会計(経営管理のために用いる会計)では、製造原価以外の販売費と一般管理費を経費と呼んだり、販売費と一般管理費のうち、人にかかわる費用を人件費と呼んで、人件費以外を経費と呼んだりしています。

要するに、製造業では、製造原価=材料費+労務費+経費であり、
販売費及び一般管理費を経費(又は人件費+経費)となります。

また、流通業やサービス業では、仕入原価以外の販売費及び一般管理費を経費と呼んだり、販売費及び一般管理費のうち、人件費以外を経費と呼んだりしています。

つまり、流通業やサービス業では、総原価=仕入原価+経費(販売費+一般管理費)、
又は総原価=仕入原価+人件費+経費です。

さて、製造業では経費を製造経費と本社経費(又は営業経費)とに区分する場合が多いようです。製造経費は製造原価の中の経費で、本社経費(営業経費)は販売費・一般管理費の中の経費です。つまり、工場の経費は製造経費で本社や営業所などの経費は本社経費(営業経費)とするのです。

製造経費には主に、(1)外注加工賃(費)、(2)減価償却費、(3)租税公課、(4)水道光熱費(電気・ガス・水道料)、保険料、リース料、賃借料、保管料、支払手数料、輸送費、通信費、修繕費、旅費交通費などいろいろあります。本社経費(営業経費)にもいろいろな費目があります。最近では本社経費(営業経費)にアウトソーシング費などもありますが、工場の外注加工費と同じです。アメリカ(国際会計)では外注加工費とアウトソーシング費とを区別していません。

上記の(1)については、外注先との契約で決まるものであり、削減方法については弊社発行の『文科系出身者のためのコスト削減・原価低減の基礎と実務』で詳しく説明しておりますので、本書では除外します。(2)の減価償却費については、支払いを伴わない費用(内部留保)ですし、費率を法律で決められており、減価償却費の基になる償却資産を減らさない限り削減できませんので、経費削減の対象から除きます。また、(3)の租税公課も法律で決められていますので経費削減の対象から除きます。したがって、本書での経費削減は上記の(4)の費目を対象に説明いたします。

なお、経費は消費額の計算方法の違いによって、以下の4つに分類することができます。計算するときに知っておくと便利です。

支払経費
実際の支払額を消費額とする経費を言います。通常は計算期間(1日から月末まで)と支払期間とがずれていますので、月末に未払い分と前払い分の金額をプラスマイナスする必要がありますが、経費削減のためには計算期間=支払期間としてかまいません。
<例>支払家賃、通信費、旅費交通費など

月割経費
1年や半年といった比較的長い期間にわたってその総額が決められている経費を言います。月割経費は総額を月割りした金額を毎月の消費額とします。
<例>自動車損害保険料、土地の賃借料など

測定経費
実際の支払額とは別に、毎月の消費量をメーターで測定し、これを基に計算した金額を消費量とする経費です。
<例>電気、ガス、水道料など

発生経費
毎月の実際発生額を計算し、その金額を消費額とする経費を言います。
<例>棚卸減耗費、修繕費など

Ⓒ 経営相談どっと混む

次ページ  目次