窓口へ スキップリンク
コスト削減・原価低減商品開発・製品開発売上拡大・売上増大業務効率化・業務改革電子書籍出版支援教育研修・セミナー発想のトレーニング
経営相談どっと混むひと言コンサル方針・技術コンサル申込どっと混む会山歩き・ハイキング会社案内

おかげさまで、このサイトは以下のキーワードで、Google、及びYahoo!で10位以内にランクされています。

原価低減、業務改革、売上増大


電子書籍出版支援

アマゾン向け電子書籍(キンドル・ブック)の出版を5万字まで5万円で支援いたします。お客様(著者)が他人の著作権や商標権を冒していないかをできるだけ調査いたします。また、文章の校正、編集を行います。

紙の本を出版するには、数十万円から数百万円かかってしまいます。しかも、紙の本では印税(手取り、ロイヤリティ)が売上の10%程度ですが、電子書籍(キンドル・ブック)では35%、又は70%(アマゾンで独占販売の場合)となります。

最近、ビジネス書や実用書の電子書籍の出版が増加しています。紙の本で読むよりも、普段使っているパソコンやタブレット、あるいはスマホで読むほうが便利だからだと思います。

アマゾン社では著者が自分で電子書籍を出版できるように支援をしています。しかしながら、説明書の分量が非常に多く、しかも、元々、英語の本を出版するために、英語で書かれた説明書を日本語に翻訳しているので、分かりにくいのです。

また、アマゾン社はアメリカの会社であるため、日本人、又は日本の会社は節税のためアメリカの税務署に税金の免除申請をしなければなりません。この手続きを英語で行わなければならないので面倒なのです。 実は、弊社では、アメリカの税務署が弊社の住所を間違えて登録してしまったため、それを正すのに英文の手紙で数回やり取りを行いました。

そこで、お客様(著者)のアマゾン向け電子書籍(キンドル・ブック)の出版を支援する事業を行うことにいたしました。なお、この事業につきましては、弊社はアマゾン社から許可をいただいております。また、アマゾン社から、「できる限りのお手伝いをさせていただきます」との回答を得ております。よって、弊社は安心してこの事業を行うことができます。

なお、弊社はアマゾン向けの電子書籍(キンドル・ブック)の出版支援しか行いませんが、出版後にアマゾン以外で販売することはお客様(著者)の自由です。


≪弊社の支援、及び実施内容≫

出版に際して最も重要な以下の点を弊社でできるだけ調査いたします。

  1. アマゾン社の規約(コンテントガイドライン)を守ることです。この中でも特に重要なのが、他人の著作権や商標権を冒さないことです。もし、他人の著作権や商標権を冒していた場合、出版停止のうえ、お客様(著者)が訴えられて損害賠償を請求される恐れがあります。
  2. 間違った内容、及び間違った記述がないことです。
  3. 分かりにくい記述、誤解しやすい記述がないことです。

これらを弊社でできるだけ調査し、問題があれば、お客様(著者)と相談のうえ削除、または訂正いたします。つまり、他人の著作権、商標権などの侵害状況の調査、文章の校正、編集などを行います。

以上の作業が終了した後に、出版完了までのすべての手続きを支援(コンサルティング)、又は実施(請負)いたします。


≪契約方法≫

お客様(著者)と弊社との契約には、コンサルティング契約(委任契約)請負契約の2つの契約方法があります。


≪料金≫

コンサルティング契約の場合も請負契約の場合も、料金は同じです。料金は画像の数に関係なく、文字数が1万字から5万字までは5万円です。5万字を越える場合は、1万字増えるごとに1万円追加させていただきます。つまり、6万字までは6万円、7万字までは7万円です。料金は、このように、文字数を基準に分かりやすく設定してあります。なお、お支払いは出版完了後になります。


≪ご質問・ご相談・お申込み≫

お客様(著者)がご自身で出版される場合、出版方法は、アマゾンのWebサイトに細かく掲載されておりますので、まず、それをよく読んで下さい。また、アマゾン向けの電子書籍の出版方法が書かれた本も何冊か市販されておりますのでそれらを読んで下さい。それでも、分からないことがあれば、以下のフォームでご質問・ご相談をしてください。そのうえで、必要であれば弊社の出版支援事業にお申し込みください。お申込みされた場合には、改めて、契約書を取り交わします。


 

〒255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯 490-2
(株)経営相談どっと混む 代表 守屋孝敏
https://www.keieisoudan.com

電話番号:0463-61-4678

電話でも、ご質問、ご相談などを受け付けております。ただし、セールスなどの迷惑電話が非常に多いため、常時、留守番電話にしています。お名前、電話番号などを留守番電話に入れて下されば折り返しこちらから電話いたします。


このサイトの内容を電子書籍にしたものです。

コスト削減・原価低減商品開発・製品開発売上拡大・売上増大業務効率化・業務改革電子書籍出版支援教育研修・セミナー発想のトレーニング
経営相談どっと混むひと言コンサル方針・技術コンサル申込どっと混む会山歩き・ハイキング会社案内