目次へ スキップリンク
商品開発・製品開発売上拡大・売上増大 コスト削減・原価低減業務効率化・業務改革教育研修・セミナー発想のトレーニング企業家養成
経営相談窓口ひと言コンサル方針・技術コンサル申込入会案内会社案内山歩き・ハイキング

商品開発・製品開発

誰でもできる商品開発・製品開発の方法について、具体的にわかりやすく解説しています。開発を行う人たちや企業のために書いたものです。

ところで、2005年に『ブルーオーシャン戦略』(W・チャン・キム、レネ・モボルニュ共著、有賀裕子訳)という本がランダムハウス講談社から翻訳出版されました。ブルーオーシャンとは、分かりやすく言えば、きれいな海のように、どの企業も参入していない、競争のない市場を意味しています。

この本には、「ブルーオーシャン戦略は、血みどろの戦いが繰り広げらるレッド・オーシャンから抜け出すよう、競争のない市場空間を生み出して競争を無意味にするというものである」と書かれています。また、「ブルーオーシャン」の創造こそが何よりも重要な戦略的行動である、と書かれています。

しかし、肝心の「ブルーオーシャン」をどのように創造するのかについては具体的には書かれていないのです。書かれているのは、

  1. 代替産業に学ぶ
  2. 業界内のほかの戦略に学ぶ
  3. 買い手グループに目を向ける
  4. 補完財や補完サービスを見渡す
  5. 機能志向と感性志向を切り替える
  6. 将来を見通す
などの、誰でも思いつくような常識的な内容しか書かれていません。よって、実際に、『ブルーオーシャン戦略』を読んでブルーオーシャンを創造した企業は無いと思います。

実は、筆者は1983年から、空白市場の探索という表現を用いて新市場や空白市場の探し方について一部上場企業などいくつかの企業でコンサルティングを行っております。また、1996年から、このコーナーの第2章でわかりやすく具体的に書いて公開しております。

また、『ブルーオーシャン戦略』には、マイケル・ポーターの『競争の戦略』に書かれている、「コストリーダーシップか差別化か」という二者択一の有名な戦略は間違っている、ということも書かれています。しかし、日本ではこんなことは常識であって、筆者は学生時代から知っていました。なぜなら、日本の企業では昔から、「低コストで高付加価値」の製品を目指して開発を行っていたからです。したがって、日本の企業にとってはこれらの本は何の役にも立たないのです。

会員情報を改善・開発・改革に活用したい方は入会案内より入会をお願いいたします。(有料)

改訂中につき、予告なく内容を変更いたします。

第1章 誰でもできる商品開発・製品開発

1-1 理解して覚えることと考えて創作すること
1-2 発明や開発ができる人とできない人
1-3 発明や開発ができる人とできない人(2)
1-4 商品開発・製品開発の進め方について
1-5 商品開発・製品開発の重要性について

第2章 ターゲット(標的市場)の選定

2-1 市場と商品・製品の関係
2-2 商品・製品分類(会員)
2-3 商品・製品の用途調査・分類(会員)
2-4 顧客分類(会員)
2-5 3次元市場マトリックス(会員)
2-6 新市場・空白市場の探索・拡大(会員)
2-7 競合市場(会員)
2-8 標的市場の探索(会員)
2-9 標的市場の決定(会員)

第3章 商品・製品コンセプトの設定

3-1 戦略ドメイン(市場内生存領域)の設定
3-2 開発方針の設定(会員)
3-3 新商品・新製品アイデアの創出(会員)
3-4 開発テーマの設定(会員)
3-5 新商品・新製品アイデア及び開発テーマの評価・選定(会員)
3-6 商品・製品コンセプトの立案(会員)
3-7 商品・製品コンセプトのテスト(会員)
3-8 商品・製品コンセプトの設定(会員)

第4章 商品化・製品化(設計・試作)

4-1 前提条件の確認・設定
4-2 商品・製品の目的、基本機能、原価目標の設定(会員)
4-3 機能設計(会員)
4-4 機能別方法調査(会員)
4-5 アイデア発想(会員)
4-6 機能別構想案の作成(会員)
4-7 機能分野別構想案の作成(会員)
4-8 試作検討(会員)

第5章 商品開発・製品開発の管理

5-1 開発体制(組織)
5-2 新商品・新製品の原価企画(会員)
5-3 開発業務の原価企画・効率化(会員)
5-4 開発業務のリードタイム短縮(会員)
5-5 情報技術の活用(会員)

第6章 発明・特許取得

6-1 発明の方法「TRIZ」は役に立つのか(会員)
6-2 先行技術調査(会員)
6-3 特許出願書類の書き方(会員)
6-4 特許の審査基準(会員)
6-5 新商品・新事業と特許の評価(会員)

事例(白書):竹繊維食器の開発(PDF)
事例(白書):未利用熱を有効活用する技術開発(PDF)
事例(白書):基盤技術の応用により新製品開発(PDF)
事例(白書):経済情勢が悪化する中での発想の転換(PDF)
事例(白書):大企業の休眠特許を活用(PDF)
事例(白書):医療の発展に貢献する新製品を開発(PDF)
事例(白書):家庭用たこ焼き器を開発(PDF)
事例(白書):工業集積地の変化に対応し、独自製品を開発(PDF)
事例(白書):日常生活の中でのアイデアから新製品を開発(PDF)
事例(白書):デザイナーとの連携を含め、農商工連携により商品開発(PDF)
事例(白書):海外へのライセンス供与で得たロイヤルティーで技術開発(PDF)
事例(白書):「流水」に着目し、環境負荷のない自然エネルギーを生産(PDF)
事例(白書):サービスの利用者目線に立った研究開発(PDF)
事例(白書):下請から自社製品開発にシフト(PDF)
事例(白書):知的財産を活用し差別化(PDF)
事例(白書):特許流通アドバイザーを活用してライセンス先を開拓(PDF)

商品開発・製品開発コンサルティング企画書事例


〒255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯 490-2
開発&コンサルティング株式会社
(旧:株式会社経営相談どっと混む)
代表 守屋孝敏
https://kaihatu.co.jp/

<ご相談、ご質問、ご要望、ご意見などはこちらへ>

電話でも、ご相談、ご質問などを受け付けております。ただし、セールスなどの迷惑電話が非常に多いため、常時、留守番電話にしています。お名前、電話番号などを留守番電話に入れて下されば折り返しこちらから電話いたします。

電話番号:0463-61-4678

IPA(情報処理推進機構)が発行したマークです。


このサイトの内容が電子書籍になりました。

商品開発・製品開発売上拡大・売上増大 コスト削減・原価低減業務効率化・業務改革教育研修・セミナー発想のトレーニング企業家養成
経営相談窓口ひと言コンサル方針・技術コンサル申込入会案内会社案内山歩き・ハイキング